ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

日本代表を発表。オシム斬新。

オシムジャパン発表 我那覇、闘莉王ら初の代表入り=サッカー日本代表
 日本サッカー協会は4日、オシム監督就任後初の試合となる「KIRIN WORLD CHALLENGE キリンチャレンジカップ2006」トリニダード・トバゴ戦(9日、国立競技場)に臨む日本代表メンバー13名を発表した。ワールドカップ・ドイツ大会のメンバーからは川口、三都主ら4名のみが引き続き選ばれ、我那覇、小林大、闘莉王ら新戦力が入った。
「A3 チャンピオンズカップ2006」に参加しているガンバ大阪とジェフ千葉、海外組からは招集されていない。会見でオシム監督は「A3と日程がバッティングしてしまった。今後はこういうことのないように願います。誰が追加招集されるか、監督になったつもりで楽しみに待っていてください」とコメント。今回は13名と少数精鋭だが、16日のイエメン戦(アジアカップ最終予選)では、メンバーを増員する予定となっている。
 メンバーは以下の通り。
GK:
川口能活(磐田)
山岸範宏(浦和)
DF:
三都主アレサンドロ(浦和)
坪井慶介(浦和)
田中マルクス闘莉王(浦和)
駒野友一(広島)
MF:
田中隼磨(横浜FM)
今野泰幸(FC東京)
長谷部誠(浦和)
小林大悟(大宮)
FW:
我那覇和樹(川崎)
佐藤寿人(広島)
田中達也(浦和)
いやぁ~、オシム斬新ですね~。
今回はA3と日程がかぶってしまった為、ガンバとジェフ抜きで召集したようで、今後追加召集されていくらしいですが、今回選ばれた選手は、サプライズでも何でもなくて、オシムにとっては、必要なメンバなのでしょうね。

この選手達から考えれば、フォーメーションは4-3-3か4-4-2なんでしょうが、いずれにしても、ジーコの時とは違った形の代表が見れることは必至ですし、楽しみです。

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/08/04(金) 15:04:12|
  2. サッカー
  3. | コメント:0

ボンバー、代表引退。

中沢代表引退へ 現役は続行
W杯ドイツ大会で、日本の守備の柱として活躍した横浜のDF中沢佑二(28)が、日本代表を引退する意向を固めていることが25日、分かった。関係者によると、中沢は現役は続行するものの、すでに代表引退の意向を日本サッカー協会の田嶋幸三技術委員長(48)に伝えた。協会側は慰留を続けているが、中沢の意志は固く、新生オシムジャパンでプレーすることなく代表のユニホームを脱ぐ可能性が高くなった。
 オシム新体制がスタートしたばかりの日本代表に衝撃が走った。今月初めに中田英寿氏(29)が現役引退を発表したのに続き、今度は中沢が日本代表引退の意思を固めた。海外では、代表引退を宣言するケースは多い。日本では、77年に釜本邦茂(現日本協会副会長)が代表を引退し、王様ペレと代表引退試合をしたことがある。しかし、釜本以外では、現役は続けるものの、代表引退を決断するのは極めて異例のことだ。
 日本サッカー協会関係者によると、中沢は先週に所属の横浜に代表引退の意向を伝え、23日には右でん部肉離れのため欠場した福岡戦が行われた日産スタジアムで、田嶋技術委員長と極秘接触。日本協会側に代表引退を申し入れたという。まだ28歳で、10年W杯南アフリカ大会を十分に狙える年齢だけに、田嶋委員長はその場で慰留した。横浜側も慰留を続けているが、現段階で本人の意志は固いという。
 関係者によれば、中沢は昨年からW杯後の代表引退を決意していた。昨年は横浜でリーグ戦、アジアチャンピオンズリーグ、ナビスコ杯、日本代表でW杯予選や親善試合に出場し続け、1年間で計48試合を消化。W杯前から冗談ながら「2010年は無理」「体が持たない」など引退をにおわせる発言を繰り返していた。実際、両足首、両ひざの痛みなど満身創痍(い)の状態で「つらかった」とこぼした。
 中沢にとって、W杯ドイツ大会は念願のW杯初出場だった。無名の埼玉・三郷工技高からブラジル留学、東京Vの練習生と苦労を重ねて、日本代表の座をようやくつかんだ。02年のW杯では落選しただけに、06年大会に懸ける気持ちは大きく、最初で最後と決めていた。1次リーグ敗退に終わり「簡単なものじゃない。レベルの差を痛感した」と悔しさは残ったが、世代交代の時期となるこのタイミングで代表を退き、横浜でのプレーに専念することに迷いはなかったようだ。
 オシム監督は「古い井戸にも水が残っている」と06年のメンバーを残す意向を明かしている。高さ、強さを武器にする中沢は、今後もDFの柱として期待されていたはずだ。8月9日のトリニダード・トバゴ戦、同16日のイエメン戦の招集の可能性は、中沢の右でん部肉離れからの復帰が来月中旬の予定のため、当初からなかった。
 復帰後の9月3、6日のアジア杯予選(対サウジアラビア、イエメン)に向け、日本協会は再度、説得する場を設ける予定だ。海外では、ジダン(フランス)やネドベド(チェコ)らが代表復帰した例がある。それまでに、中沢がどんな最終決断をするか注目される。
日本代表DFで一番頼りになる男中沢が中田に続き代表を引退ですか・・・
現役の方はまだまだ続けるようですが・・・
前回のW杯の後、今回のW杯終了後、中田が代表を引退、現役続行っていう話があったのですが、中沢は今回のW杯期間中にもそういう話はしていなかっただけに、びっくりですね。

個人的、希望としてはまだまだ代表を続けて、プレーするだけでなく、若手に経験を引き継いで欲しいと思うのですが、どうやら体がボロボロのようで・・・
現役自体もどこまで続けられるか解らないっぽいですが、引退するその日まで頑張ってプレーしてもらいたいですね。

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/26(水) 10:29:29|
  2. サッカー
  3. | コメント:0

中田現役引退について。

中田英寿が現役引退 公式HPで発表
サッカー日本代表MFの中田英寿(29)が3日、自身の公式ホームページ『nakata.net』で現役引退を発表した。
 中田英は、ワールドカップ(W杯)ドイツ大会・グループリーグのブラジル戦の前に、同HPで「最後」を強調した言葉を掲載していた。次回2010年南アフリカW杯では33歳となることから、ドイツ大会後の「代表引退」がうわさされていたが、今回の突然の「現役引退」発表で、代表だけでなくサッカー選手としてのキャリアにも終止符を打つことになった。
W杯最中だというのに、現役引退を表明しちゃって、W杯よりもこっちのニュースの方が注目されちゃっていますね(^^;)
前々から、今回のW杯後に代表を引退するという話は言っていましたが、まさか現役を引退するとは、予想外でした。

個人的に思うのは、どうして今なのかな?ということです。
本人にしか解らないのでしょうが、端から見ている分には、体力の限界っぽい訳でも、怪我という訳でもないと思いますし、今W杯の試合においても、モチベーションが下がっているようにも見えないんですよね・・・

なんか、最近、スポーツ界において、こういう風に落ち目になる前に引退することを格好良いとか錯覚しているような風潮がある気がするのですが、どうなんでしょうか?
個人的には、カズのように好きという気持ちだけで限界まで突っ走っていくタイプが好きなだけに、どうしても、他の人々が言うように、頑張って欲しいとは思えないです。

サッカー選手って円熟期を迎えた際、それまでの経験だったり勘だったり、知識だったりをメインにしてプレーするスタイルに切り替える必要がある訳ですが、そういう風に円熟した選手に若い選手が教えられる事ってたくさんある訳で、もう少し、若手の為にも代表だったり、日本のクラブだったりでプレーして欲しかったなと思います・・・

ちなみに、中田の引退メッセージ

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:今日の出来事 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/07/04(火) 09:16:05|
  2. サッカー
  3. | コメント:4

次監督、ほぼオシム。

田嶋技術委員長が渡欧 オシム氏と監督就任交渉へ
日本サッカー協会の田嶋幸三技術委員長は26日、次期日本代表監督として就任を要請しているJリーグ1部(J1)千葉のイビチャ・オシム監督と交渉するため、成田空港発の航空機で渡欧した。
 田嶋技術委員長は27日にオシム監督と会談する予定。「われわれのコンセプトを伝えた上で条件を提示する。いい形で進むようにしたい」と話した。
結局、オシムでしたね~
あれだけ、デシャン、フェラー、ザマーの名前が出てきたりして意表を疲れたのに、結局は、ストレート人事だった訳でw
まぁ、ジーコより100倍も1000倍も信頼できる指揮官だけに、今後の期待が楽しみですね♪
ちなみに、シャムスカという話も微妙に出ていたのですが・・・w 

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/26(月) 15:28:46|
  2. サッカー
  3. | コメント:0

日本、惨敗。

ピッチを濡らした、王様の涙を受けて
試合終了後、中田英はピッチで仰向けに倒れこんだ。セレソンのユニフォームで顔を覆い、その隙間から見る者の目に映ったのは、“王様”と呼ばれた男の涙だった。
日本代表は22日、世界王者ブラジルに2点以上の差をつけて勝たなければならないという厳しい条件下において、序盤から積極的に走り、34分には先制点も奪った。しかし、その後は中村俊輔が「相手の方が一枚も二枚も上手だった」と振り返ったように、ブラジルにいいようにあしらわれる展開に。1-4の惨敗。中田英はどんな思いで、何に瞳を濡らしたか。日本の不甲斐なさにか、不完全燃焼に終わった2002年日韓大会後、4年間抱き続けてきた「夢」の終焉に対してか…。
2大会連続決勝トーナメント進出をノルマとして、この日まで研鑽を続けてきた蒼き戦士たち。その結果は予選F組、1分2敗、勝ち点1、得点2、失点7で、4か国中4位だった。厚かった世界の壁。しかし数字が示すほど、世界との距離は遠いものだったのか?振り返ってみると、ジーコ監督が試合後に「オーストラリア戦の負け方が痛かった」と述懐したように、1点リードで84分から立て続けに3失点した時から、日本のなかで歯車が狂ってしまったのではないか。勝負の世界に「もしも」はないが、あの試合、同点に追いつかれた時点で守備を堅め、引き分けで乗り切っていれば、その後のクロアチア戦やブラジル戦はまったく異なる展開になっていたのではないか。
ワールドカップという短期決戦の場において、日本は最後まで初戦の大敗を引きずって、その影と周囲に煽られ、自滅の道を歩んでしまったように思えてくる。残念…。ともあれ、日本の2006年ドイツ大会は終わった。この大会を、代表としての最後の大会にすると言っていた中田英だが、彼が代表を去ったとしても、日本の「夢」がなくなるわけではない。ガンバレ、日本。次こそは、決勝トーナメント進出だ!次の2010年南アフリカ大会へ向けて、SAMURAI BLUEの新たなスタートが切られる…。

日本、惨敗でしたね。
早起きして観たのですが、残念でした。
前半を見る限り、ロナウドやロビーニョがわざと外してくれているように見えたので、ジーコが裏で話をつけてくれたのか?と思ったのですがw、後半は、余裕の展開からのゴール量産。
しかも、途中から足が止まっている日本に同点、逆転のチャンスはなかったですね。

それにしても、これでジーコとお別れですね。
ジーコは、日本サッカーに対して、貢献してくれた恩人ではありますが、監督としての才はなかったようで・・・
今後、誰が日本の監督に就任するかが重要になってきますね。

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/23(金) 09:42:56|
  2. サッカー
  3. | コメント:4
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。