ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

RolandGarros2006閉幕!

Roland Garros 2006、いよいよ閉幕しましたね。
男女ともに、白熱したゲームが展開された今回の全仏オープン。
女子は、復調してきたエナンが昨年に続いて2連覇達成!
男子は、クレー無敵のナダルが、今年も王者フェデラーを倒し、2連覇達成しました!

Justine Henin-Hardenne BEL (5) 6 6

Svetlana Kuznetsova RUS (8) 4 4


試合前は、エナンが昨年ファイナルのピアス戦同様、圧倒して1時間を切るゲーム展開になるのではないかと思っていたのですが、自分のペースを乱さないクズネツォワの前に、接戦となりました。

エナン=アーデン「グラーフやA・サンチェス=ビカリオ(スペイン)といった偉大なチャンピオンに並べて心から光栄です。ただ3日前からなかなか寝られず、フィジカル面で苦労した。第2セット3ゲームスオールで迎えたゲームを取れたのが今日のターニング・ポイントだった。この2週間は良い戦いが出来た。来年も帰ってきたい。」(テニス365)
クズネツォワ「負けてしまってとても残念だけれど、こうしてまた(四大大会の)決勝に来れて嬉しい。(エエナン=アルデンヌは)本当にタフな相手。彼女は色々なショットをミックスして戦ってきた。彼女の最大の武器はメンタルの強さ。心から勝利を信じてプレーしていた。」(テニス365)

現在、女子の実力が非常に均衡しているだけに、次のウィンブルドンが楽しみですね♪


Rafael Nadal ESP (2) 1 6 6 77

Roger Federer SUI (1) 6 1 4 64


今回の男子シングルスは、ベスト4の席を第1シード~第4シード選手が独占するという固い展開。
しかも、ファイナルも、第1シードと第2シードの選手という順当な展開でした。
王者フェデラーvs新鋭ナダルという因縁ともいえる対決を制したのは、今回もナダルでした。
第1セットはフェデラーペースで6-1と圧倒するものの、第2セットから息を吹き返したナダルに、試合のペースを握られると、自らのミスなどもあり、試合の流れを引き戻すことができず、あえなく撃沈。

ナダル「優勝できて最高の気分です。僕のテニス人生において間違いなくベストの試合でした。シーズン序盤に怪我をしたときは、テニスを続けていけるのかどうかすら分かりませんでした。だからこそ今日の勝利は僕にとってとても意味のあるものなのです。」
「彼(フェデラー)は、歴史上最高の選手で間違いなくナンバーワンのチャンピオンで、僕は自分が彼(フェデラー)より上だなんて思ったことは一度もありません。むしろ僕は彼のことをもっとも完成されたプレーヤーだと思っています。」(テニス365)

フェデラー「出来る限りのことはやりました。結果はとても残念ですが、はじめてローランギャロスの決勝まで勝ち残れて満足しています。来年また優勝を目指すつもりです。彼(ナダル)はとてつもないファイターで、そのプレーは研ぎ澄まされていました。今日の彼は、勝利に値するプレーをしたと思います。」
「第2セットが試合の大きな転換点でした。あのとき僕がもっと彼にプレッシャーをかけることが出来ていれば結果は変わっていたかもしれません。」(テニス365)


なお、女子シングルス杉山・ハンチェコバ組は準優勝、ジュニア男子シングルス錦織組は優勝しました!

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。
スポンサーサイト

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/12(月) 12:58:23|
  2. テニス
  3. | コメント:0

女子シングルス、2強決まる!(全仏2006)

Roland Garros 2006、女子シングルスもいよいよ準決勝戦が行われました。

Svetlana Kuznetsova RUS (8) 5 77 6

Nicole Vaidisova CZE (16) 7 65 2



1戦目は、17歳旋風を引き起こしているバイディソバと2004年全米オープン覇者クズネツォワの戦い。
17歳のバイディソバは、世界ランキング1位のモレスモとヴィーナスという強豪を撃破してベスト4まであがって来ただけあって、第1セットは主導権を完全に握ります。
第2セットの序盤もバイディソバペースですが、油断から第10ゲームをクズネツォワにブレイクされ、そこから試合の流れは一気にクズネツォワへ・・・
集中力をきらし精彩を欠いたバイディソバはそのまま第3セットもとられ、ゲームセット。
終始、自分のペースを乱さなかったクズネツォワに軍配は上がったようです。
試合後、クズネツォワは、、「彼女(バイディソバ)は少しナーバスになっていたようね。私も経験があるから彼女の気持ちは良く分かるわ。私のほうが少しだけ彼女よりも経験で上回っていたのが勝因かも知れない。去年は苦しい一年だったけれど、決して諦めず一生懸命練習してきた甲斐があったわ。」(テニス365)と発言していますが、まさに経験の差が如実に現れた1戦でしたね。
しかしながら、17歳のバイディソバ、彼女の今後には期待ですね♪

Justine Henin-Hardenne BEL (5) 6 6

Kim Clijsters BEL (2) 3 2



2戦目は、ベルギー勢同士の対決。
昨年のローランギャロス覇者エナン・アーデンvsキム・クライシュテルス。
これまでの対戦は19回、うちキムが10勝、エナンが9勝。
ほぼ互角の両者だけに、接線が期待されました。
その期待通り、第1セットは、非常に良い戦いだったと思います。
ただ、コンディションにおいてエナンの方が優れていたと思いますし、精神的にも強いだけに、先にブレイクしてからは、要所要所をきちんと押さえエナンペースで、勝利しました。

結果、女子シングルス決勝は、クズネツォワvsエナン・アーデンになりました。
エナンが今日のような試合をすれば、圧勝するのではないかと・・・

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:スポーツ・格闘技 - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/09(金) 11:03:49|
  2. テニス
  3. | コメント:0

ヒンギス敗れる・・・(RolandGarros2006)



ローランギャロス2006、いよいよ女子シングルス4強が決定しましたね。
Nicole Vaidisova CZE (16)
Svetlana Kuznetsova RUS (8)

Justine Henin-Hardenne BEL (5)
Kim Clijsters BEL (2)

今大会、注目の17才、ヴァイディソバですが、なんとヴィーナスを2-1で破り、4強入りを果たしました!
モレスモに続き、ヴィーナスも撃破。今後の彼女には大注目ですね。
ただ、性格的には問題が若干あるようで、他の選手とほとんど口をきかないらしいです・・・
テニス選手って、10代後半か20代前半に活躍する選手が多くて、まだ人格形成も発展途上の段階でチヤホヤもてはやされる事が多いだけに、なかなか・・・
それにしても、このヴァイディソバって、シャラポワに似てませんか?容姿といい、格好といい、打ち方といい・・・(;^_^A アセアセ・・・


サフィーナvsクズネツォワは、1セット目を落としたサフィーナは、第2セットは完全にクズネツォワにのまれてしまいましたね。
連覇のかかるエナンも、無事に4強入りを果たしました。

注目のマルチナ・ヒンギスvsキム・クライシュテルス戦ですが、相手がかつての女王ヒンギスということで、1セット目から、キムは力の入り方が違いましたね。そのせいで、キムにはちょっと硬さもあり、また、ヒンギスの巧みなショットのせいで、1セットは大接戦でした。ただ、1セット目を接線で落としたヒンギスは、2セット目ではガス欠なのか、あっさり撃沈。
キムが見事、4強入り、次の対決は同胞、エナン・アーデンです。この試合は、必見ですね!
ちなみに、試合後の会見で、ちょっとした問題が・・・


クレイステルスがヒンギスの発言に不快感(テニス365)
M・ヒンギス(スイス)対K・クレイステルス(ベルギー)のドラマチックな準々決勝の試合後、ちょっとしたハプニングが起きた。
試合後に行われたインタビューでヒンギスが、「今日はとにかく疲れていた。連戦で疲れがたまり、打つタイミングが少しずつ遅れてしまった。それまでの試合のようなエネルギーがまるで残っていなかった。」と語ったことに対し、クレイステルスが不快感を示したのだ。
クレイステルスは、「彼女(ヒンギス)が試合についてなんと言ったかは知らないし、それにいちいち答えるつもりもないけれど、私だってずっと連戦連戦で戦ってきたわ。あななたち(記者)は、彼女が言ったとおり記事にすれば良いわ。」と、怒り心頭の様子だった。
どうやらヒンギスが敗戦の理由を『過労』としたことが、クレイステルスは気に入らなかったようだが、実はヒンギスの発言には後があり、「彼女(クレイステルス)は、ちゃんとした状態で臨まないかぎり、倒せる相手ではない。もし不完全な状態で試合をしようものなら倒されることは明らか。」と、きちんとクレイステルスに敬意を示しているのだが、記者会見という場を介していることや、記者がヒンギスのコメントの一部を引用してクレイステルスに伝えたこともあり、ちょっとした誤解を生んでしまったものと思われる。両者に遺恨が残らないことを祈りたい。
どうやら、誤解があったようですね。
そういえば、ヒンギス食中毒説というのもあったらしいですが・・・どうなんでしょうか?(^^;)


男子は、フェデラーとナルバンディアンがそれぞれ4強入りを果たし、次戦で対戦します。
フェデラーって確か、ナルバンディアンが苦手でしたよね・・・
この試合も見ものです!!


現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:お知らせ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/07(水) 09:47:26|
  2. テニス
  3. | コメント:0

いよいよ、ベスト8

ローランギャロス2006、いよいよ男女ともベスト8が出揃いましたね。
女子シングルス
Nicole Vaidisova CZE (16)
Venus Williams USA (11)

Dinara Safina RUS (14)
Svetlana Kuznetsova RUS (8)

Justine Henin-Hardenne BEL (5)
Anna-Lena Groenefeld GER (13)

Martina Hingis SUI (12)
Kim Clijsters BEL (2)

女子は均衡しているんで、予想が不可能です(;^_^A アセアセ・・・
個人的には、準決勝で、エナンとキムのベルギー勢対決が観たいなと・・・でも、ヒンギスにも頑張って欲しいし。
とりあえず、次のキムvsヒンギスの試合は見ものですね。

男子シングルス
Roger Federer SUI (1)
Mario Ancic CRO (12)

David Nalbandian ARG (3)
Nikolay Davydenko RUS (6)

Julien Benneteau FRA
Ivan Ljubicic CRO (4)

Novak Djokovic SCG
Rafael Nadal ESP (2)

男子の決勝は、ナダルvsフェデラー/ナルバンディアンってとこでしょうか?
ダビデンコもルチッチも怖いですが・・・
個人的には、やはり王者フェデラーに勝って貰いたいです。

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/06(火) 12:03:12|
  2. テニス
  3. | コメント:0

森上金星!ロディックら敗退・・・

森上が金星、ペトロワ破る ヒンギスは快勝
テニスの四大大会の今季第2戦、全仏オープン第3日は30日、当地のローランギャロスで行われ、女子シングルス1回戦で、森上亜希子(ミキハウス)が第3シードのナディア・ペトロワ(ロシア)を6-2、6-2で破る金星を挙げた。
 3年余りのブランクを経て、今年1月からツアーに復帰した元世界ランキング1位のマルチナ・ヒンギス(スイス)がリサ・レイモンド(米国)にストレート勝ちし、昨年優勝のジュスティーヌ・エナン・アーデン(ベルギー)も2回戦に進んだ。
 浅越しのぶ(NEC)はシーネイ・ペリー(米国)にストレート負け。2004年の優勝者、アナスタシア・ミスキナ(ロシア)はサニア・ミルザ(インド)にストレート勝ちした。
昨晩、いろいろあって疲れきっていたのですが、とりあえず森上の1セット目だけは観ました。
いやぁ~、素晴らしい出来でしたね♪
良いプレーを連発し、終始、あのナディア・ペトロワを圧倒。
さすが、クレーコートが好きだと言うだけの事はあって、昨年のローランギャロスも日本人の中で唯一、3回戦進出しましたし、今年も期待できそうですね。
浅越と中村藍子は残念でしたが、森上とお杉に期待しましょう!!

ちなみに、女子はゴロビンが負けてしまうという波乱はありましたが、他の選手は順当という感じです。
ただ、男子が・・・
ロディック、サフィン、トマス・ヨハンソン、ジネプリが1回戦で姿を消しました。

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/05/31(水) 10:44:45|
  2. テニス
  3. | コメント:0
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。