ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

抗議殺到は当然。

「亀田の判定おかしい」 一夜明けても電話殺到、TBSに4万件以上
亀田興毅選手が出場し、2日夜に放送されたプロボクシングWBA世界ライトフライ級王座決定戦で、中継したテレビ局に殺到していた「判定がおかしい」などの電話は3日午前も鳴りやまず、TBSにはこの日午前9時までに電話記録やメールをあわせて4万件以上が寄せられた。大半が抗議とみられる。一方、中継の平均視聴率は、関西地区で42・9%、関東地区で42・4%(ビデオリサーチ調べ)を記録した。
 TBSによると、直接電話対応できたのが408件。半数が「判定がおかしい」、半数が「いつになったら試合が始まるのか」という内容で、メールも3600件以上寄せられた。そのほか夜間案内のテープ対応が約3300件、つながらなかったものの、入電記録が残っているものが約3万3500件あったが、TBSは「内容を分析していない」としている。
 毎日放送にも、電話と留守番電話が計約200件寄せられたといい、判定に対するものや、番組構成に対する苦情がほとんどだという。
 一方、今回の瞬間最大視聴率は、関西、関東ともに試合終了直後に亀田選手と父の史郎さんが抱き合うシーンで、関西が52・1%、関東が52・9%だった。
≪「ダウンは俺流サプライズや」 強気会見≫
 新チャンピオンとなった亀田選手は一夜明けた3日、東京都内で記者会見し、不可解な採点との声が多い不本意な試合内容だったが「フラッシュが目に痛いわ」と笑顔だった。「アンチ亀田派」が多いことを承知してか、1ラウンドのダウンの場面について「ヨッシャー、と思ったやつも多かったんちゃうか。おれ流のサプライズや」と息巻いた。
 同選手は同日朝から各局のワイドショーに出演。疑惑の判定勝ちにも「初の世界戦の緊張のせい」などと釈明。これまでの強気の姿勢を崩さなかった。
今回の疑惑の判定、納得している人っているんでしょうかね?
スポーツにおいて、ホームのアドバンテージがあるのって当然といえば当然ですが、我々日本人ってそういうのを良しとしないところがありますし、むしろ、ホームだからこそ公正或いは厳しいジャッジで望んで欲しいと思う訳ですよね。
それなのに、あの茶番劇・・・
日本人の美徳を一切無視した今回のジャッジに対して抗議が殺到するのは至極当然の事ですよね。

ちなみに、個人的に、礼節を欠いた亀田一家は大嫌いですし、好きだという人に会った事がありません。
TVでは、チヤホヤされてあたかも大人気であるかのように情報操作されているのですが、礼節を重んじる国民性という点からしても、ほとんどの人に嫌われているのではないでしょうか?

というか、この一家を見ていると、本当に日本人か?と疑問に思ってしまうのは私だけ??(^^;)

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/08/04(金) 09:28:08|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:2

精神こそ・・・

<国別対抗野球>「野球人生最高の日」…イチローが世界一
「野球人生最高の日」。イチロー外野手(32)=マリナーズ=が、ついに世界一に上り詰めた。精密機械のような打撃を見せるクールな天才打者としてではなく、感情がほとばしる人間・イチローとして、日本代表をけん引した。優勝の瞬間、右手を突き上げてから、ゆっくりとマウンドへ駆け寄り、全員と固く抱き合った。最後は日の丸を手に、はしゃぐ姿も見せた。
 キューバとの決勝戦。1点差に迫られた後の九回、二塁から本塁に突入する場面で、右から回り込んで、左手でホームベースを掃こうとしたが届かず、最後は地面をはいながら、右手でホームに触れた。泥にまみれ、貴重な1点をもたらした。 日韓対決で2連敗を喫すると、静まり返るダッグアウトで、一人、ほえた。米国の敗退で救われ、準決勝で韓国に雪辱を果たした。イチローは「最高に気持ちいい」と、チームの勝利をストレート過ぎるほどに喜んだ。
 00年10月13日、神戸のファン一人一人と握手を交わして日本球界に別れを告げた。米大リーグでは全米と日本の期待を一身に背負う重圧と闘いながら、シーズン最多の262安打という金字塔を打ち立てた。しかし、イチローも人間。異国の地で、高みに到達した者にしか分からない孤独と向き合うことになった。
 それがWBCでは、個人記録は度外視し、優勝を目指して仲間と一緒に悔しがり、笑うことができた。イチローが少年に戻れる場。それがWBCだったのかもしれない。
 「このチームのまま、メジャーでやりたい。今日で別れなくてはいけないさみしさが、喜びとともに沸いている」。試合後はメジャー流のシャンパンファイト。クラブハウスで自然に輪の中心になったイチローは、うれしそうにシャンパンにまみれた。
個人的に、野球は甲子園くらいしか観ないのですが、今回の準決勝と決勝戦はテレビ観戦してしまいました(^^;)
きっかけは、先の誤審騒動からだったのですが、やはりスポーツの国際試合というのは面白いですね。国と国とが自分の国こそが強いと主張する喧嘩。だからこそ、面白いし、真剣に応援してしまうんでしょうね。

それにしても、まさか優勝とは・・・
力や横暴、権力よりも、技や努力、そして精神こそがスポーツにおいて重要であるということを再認識させられたような大会だったと思います。

人気blogランキング (現在の順位は?)

テーマ:WBC 王Japan、世界一おめでとう! - ジャンル:ニュース

  1. 2006/03/22(水) 09:43:49|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:2

必死になるのは必至。

【WBC】NYT「韓国、徴兵減免のおかげで連戦連勝」
114日付のニューヨーク・タイムズは徐在応(ソ・ジェウン)とのインタビューで、韓国チームの連戦連勝の隠れた原動力を徴兵減免のおかげと見ている。
 徐在応は「韓国と他チームの違いはベスト4進出が徴兵に関して恩恵を受ける点」と紹介している。
そりゃ、必死になるのは必至だわな・・・(^^;)

まぁ、準決勝で韓国に勝って、いい気になっている韓国人に、「何か問題でも?大事なときに勝てばいいんだよw」と言ってやりたいですね(^^;)

人気blogランキング (現在の順位は?)

テーマ:スポーツ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/03/17(金) 15:27:48|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:0

たられば。

<国別対抗野球>日本、韓国に敗れる 1勝2敗に

野球の国・地域別対抗戦「ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)」は15日、2次リーグ2試合を行い、1組の日本は当地のエンゼルスタジアムで、韓国に1―2で敗れた。日本は1勝2敗で2次リーグを終了。準決勝進出は16日の米国・メキシコ戦の結果に持ち越された。韓国は3連勝で準決勝進出を決めた。
 メキシコが勝てば、日本と米国を含めて3チームが1勝2敗で並び、3チーム間で失点率の低いチームが準決勝に進む。米国が勝って2勝1敗となれば韓国とともに準決勝に進み、日本の敗退が決まる。
 日本は二回、里崎(ロッテ)の右前打で二塁走者の岩村(ヤクルト)が本塁をついたが、好返球でタッチアウト。互いに無得点のまま終盤戦に入った。韓国は八回、李鐘範の適時打で2点を先取。日本は九回に西岡(ロッテ)のソロ本塁打で追い上げたが、及ばなかった。
 2組は、キューバが4―3でプエルトリコの追い上げをかわして2勝1敗とし、準決勝進出を決めた。
いやぁ~、残念ながら負けてしまいましたね。
個人的に、野球はあまり興味がなく、このWBCについても興味がなかったのですが、先のアメリカ戦の誤審騒動から、ちょっと注目していました。
スポーツの世界に、「~たら、~れば」なんて無いのですが、やはり、あの誤審が無ければ、結果はまた変わっていたのかもしれませんね。ただ、国際試合において、ああいう偏ったジャッジがあるのも当然な訳で、そういうジャッジが起きた際に、第3国の審判であれば遺恨を残すこともなかったのではないかと・・・
やはり、野球というスポーツ自体、国際試合という経験においてまだまだ未熟であると言わざるをえませんね。
これを良い教訓としてくれれば良いと思います。

それにしても、韓国に負けるっていうのは複雑ですね・・・(;´Д`A ```
また、奴らが調子に乗って・・・(;´д`)

人気blogランキング (現在の順位は?)

テーマ:びっくりした~ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/03/16(木) 16:02:24|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:2

デーモン閣下、その寿命を活かして・・・

デーモン閣下 相撲解説で舌好調
ヘビーメタルバンド「聖飢魔II」のデーモン小暮閣下が15日、NHK「大相撲中継」のゲストとして東京・両国国技館の放送席に陣取った。衛星第2で午後1時から、総合で同3時15分から、6時までの長丁場だったが、冒頭で「我が輩は、世を忍ぶ仮の姿ではよく国技館に来ておる」と相撲通ぶりをアピール。これは実況アナに「われわれの言う素顔というやつですね!?」といなされたが、一番一番、力士1人1人について持論の解説を展開。8戦全勝でカド番を脱出した大関・栃東には放送席からインタビューし「10日目以降もぜひ来たい。また来るぞ、フハハハハ…」と締めくくった。

せっかく、長生きしているデーモン小暮閣下がお越しなのだから、どうせなら、歴代の横綱で誰が印象に残っているか聞いてみたら面白かったかもしれないですね(^^)
江戸時代くらいに伝説になるくらい、大きくて強い力士っていましたよね(^^;)
それにしても、こういう風にはっきりと話してくれて頭のキレる解説者がいると、相撲も面白くなってくるんでしょうね。
その点、某放送局のサッカー解説者なんて、一般視聴者と大して変わらないんじゃないかと・・・(^^;)

人気blogランキング (現在の順位は?)

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/01/16(月) 10:11:58|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:5
次のページ

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。