ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

お知らせ。

もうすぐ、このブログの前身である「ハサウェイの徒然なるままに・・・」を開設して3年目に突入しようとしています。
また、最近、第2章である当ブログ「ハサウェイのやんごとなき・・・」の更新も滞ってきたということもあり、第3章を立ち上げる事にしました。

今回は、原点復帰という事で再び、エキサイトブログに帰ろうかと。
画像の容量も1GBになったみたいですし(^^;)
そういう訳で、
第3章「ハサウェイのいとをかし・・・」
をよろしくお願いします<(_ _)>

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。


スポンサーサイト
  1. 2006/09/14(木) 15:40:38|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:8

男女同権?

女性専用車両、台湾では男女に不評…3か月で存続危機
台湾の鉄道会社が6月から通勤電車に導入した女性専用車両が、早くも存続の危機を迎えている。
 日本の女性車両を参考にして導入されたが、鉄道会社側の周知不徹底やホームでの誘導人員不足などで、女性車両に乗り込む男性客が後を絶たず、男女双方の乗客に不評のためだ。
 台湾は、働く女性の割合が高く、台北など都市部の通勤電車の利用客の6割近くが女性。痴漢被害もあり、「仕事で疲れた女性が車内で安心して、くつろげるように」(鉄道会社)と、女性政治家らが後押しして実現した。
 ところが、導入後、男性側から「同じ運賃を払う男性の権益侵害」とネットで廃止を呼びかける運動が起きた。「男を排除するような、車内の女性の視線が不快」=会社員(38)=など、“抗議”する声も公然とわき上がった。さらに、列車の編成ごとに女性専用車両の停車位置が異なり、ホームでの十分な説明がないことなども「不便だ」として、男性乗客の不満に拍車をかけた。
 一方、利用する女性客は存続を求める声が強い。だが、女性車両に乗り込む男性客が後を絶たないため、車内で男女間の口論まで発生するなど弊害が目立っている。また、一部の女性団体は「男女同権」の立場から“女性隔離”を強く批判している。
 鉄道会社は、導入半年後の11月末で廃止する方向で検討に入ったが、利用客からの聞き取り調査を行い、10月に最終決定する予定という。
確かに、女性専用車両があるのなら男性専用車両があってもおかしくないですよね。
そもそも、「男女同権」だと言いながら、女性だから、やれ育児休暇だとか生理休暇だとか、残業がどうだとか・・・
それのどこが「男女同権」なんだって思っちゃいます(^^;)

そもそも、男女は体の作りからして違う訳ですし、差があって当然何じゃないでしょうか?
男だからとか女だからとか、そういうどうでもいい主張に固執するのではなく、お互いを配慮し合う方が物事がうまく良くと思いますし、気持ちも良いのではないでしょうか?

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。

テーマ:今日、気になったネタ - ジャンル:ニュース

  1. 2006/09/04(月) 17:37:53|
  2. 徒然日記
  3. | コメント:4

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。