ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

テレ東、毒キノコを食用キノコとして紹介!

テレ東が大失態…旅番組で紹介したのは“毒キノコ”
26日に放送されたテレビ東京系の旅番組「いい旅・夢気分」(水曜後8・0)で、出演者が食べたキノコを毒性のある「イッポンシメジ」と間違って紹介していたことが27日、分かった。この日の定例会見で菅谷定彦社長が「大変申し訳ない」と陳謝。同日午前のニュース番組「ニュース&マーケットイレブン」(月-金曜前11・0)内でもキャスターが謝罪した。26日の番組はお笑いタレントの栗田貫一(47)と妻で女優の大沢さやか(31)夫妻が群馬・みなかみ町をたずね、温泉とグルメを堪能する内容。同町にあるレストランで「キノコほうとう」を食べながら、栗田がセリフの一部で「イッポンシメジ」に触れ、スーパーテロップでもこのキノコの名前が表示された。ところが、この「イッポンシメジ」は毒性のあるキノコで、実際に食べたのは「イッポンシメジ科イッポンシメジ属」までが同じの、「同科同属ウラベニホテイシメジ」。模様は違うが、形は似ているといい、放送直後に視聴者から電話で指摘を受け、誤りに気が付いた。同局広報部は「地元での呼称を、確認をとらずそのまま引用したためのミス」と説明。実は今年2月12日放送の土曜スペシャル「関東周辺!素泊まり歓迎のお得宿」でも同様の間違いがあり、「キノコの取材には気をつけるよう申し合わせたが、徹底していなかった。今後はさらに気をつけたい」(同部)としている。
 今後放送されるテレビ大阪など4局は該当部分のセリフをはずし、テロップを正しく差し替えるという。
(左写真:ウラベニホテイシメジ、右写真:イッポンシメジ)

最近、毒キノコの被害が多発している中で、この間違いは洒落にならないですね。
「イッポンシメジ」の毒性は、命に関わるほどのものではないらしく、症状は激しい下痢くらいのようです。ただ、この毒にあったった人の話では、随分苦しいらしいみたいです。
ただ、毒キノコの中には、死亡率70%を越えるものもあるみたいですし、こういうものを紹介する際、きちんと調べる必要があると思います。

昨日、某ニュース番組で、毒キノコの特集を行っていましたが、日本には名前もわからないキノコが約1万種もあるのだとか・・・
専門家でも、すぐにキノコの名前が解らない状態なのに、素人やそれに近い人が食用キノコを判別して食べるっていうのは危険以外なにものでもないですよね。
テレビもこういう間違いを放送している訳ですし、テレビで紹介されていたからとかいう理由でキノコ狩りをするのは止めた方がよさそうです。

人気blogランキング (現在の順位は?)


スポンサーサイト

テーマ:コネタ - ジャンル:ニュース

  1. 2005/10/28(金) 10:31:34|
  2. エンタメ
  3. | コメント:0
<<明治安田生命、不当不払いで業務停止!! | ホーム | またもや、子供の列に車が突っ込む!>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。