ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ウディ・アレン、「年をとれば賢くなるなんてウソ」

ウディ・アレン、「年をとれば賢くなるなんてウソ」=米誌
映画監督で俳優のウディ・アレンさんは、今週発売の米誌「バニティ・フェア」に対し、年を重ねるにつれて学んだことはほとんどない、と語った。12月1日に70歳を迎える同氏は、「年をとると喜びを感じるようになるとかある種の知恵がそなわるとか言うが、それは全くのでたらめだ」と述べ、「私は何の知恵も、見識も、円熟も得なかった。今でも全く同じ間違いを繰り返すだろう」と語っている。また、自身の一連の作品に「B」の評価を与えた上で、フェデリコ・フェリーニ監督の「8 1/2」やイングマール・ベルイマン監督の「第七の封印」のような偉大な作品をつくることができなかったとふり返った。
 さらに、女優ミア・ファローとの破局、ミアの養女スン・イー・プレヴィンとの結婚について、「思いがけない出来事で、人生最大の幸運の1つ」と述べた。

ウディ・アレンほどの円熟には到底達していないんですが、言っていること解りますね。
小さい時、大人は皆、考え方が円熟していて精神面でも大人になるものだと思っていませんでした?特に、親に対しては、自分の考えていることは全て解ってくれているものだとか、自分達と同じ失敗なんてしない、ある種完璧な人間だと思っていたような節があります。
ただ、実際に自分が大人と呼ばれる年齢になってみて、子供を持ってみて、いかに自分が未熟であるのか思い知らされましたし、恥ずかしくもあります。
結局、年を経ていく中で如何に経験から学び、努力して切磋琢磨することが大事であるかということなんでしょうね。ただ年を経たからと言って、何も学んでなければただ年をとっただけに過ぎない訳ですし・・・

同じく年を経た際、「私は何の知恵も、見識も、円熟も得なかった。今でも全く同じ間違いを繰り返すだろう」と言えれるウディ・アレンのように円熟している自分でいたいですね。

人気ブログ村ランキング (現在の順位は?)


スポンサーサイト

テーマ:心の温まるニュース。 - ジャンル:ニュース

  1. 2005/11/02(水) 09:38:18|
  2. エンタメ
  3. | コメント:0
<<本田美奈子、死去・・・ | ホーム | 母親に劇物混入・・・様子をブログで公開。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。