ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

なぜ罪に?:ウィニー公判

<ウィニー公判>金子被告 自白書面は「検事の作文」と反論
ファイル交換ソフト「Winny(ウィニー)」開発で映像データなどの違法コピーを助長したとして、著作権法違反のほう助罪に問われた元東京大助手、金子勇被告(35)=東京都=の第17回公判が5日、京都地裁(氷室眞裁判長)であった。金子被告は、京都府警と京都地検に対して、著作権侵害をまん延させる意図や法律違反のほう助を認めた形になっている書面について「刑事や検事が勝手に書いた作文」などと述べ、真実ではないと主張した。弁護側の質問で、金子被告は「自分が言っていないことについて、修正を求めたが直されなかった」などと述べ、署名したことについては「警察に協力するつもりだったので、機械的に押した」などと説明した。また、金子被告は現在、問題のあるファイル流出を管理する技術の特許を出願中だと明らかにした。一方、ウィニーでのウイルス感染による個人情報の流出問題については「ウィニーに少し手を加えるだけで防止できるが、警察との約束で改善できない」などと述べた。

個人的に、Winny開発者の金子氏が著作権法違反のほう助罪に問われるのはおかしいと思います。
以前も書きましたが、いくら包丁が凶器になるといっても、包丁を作っている会社が訴えられないのと同じだと思います。要は、使い手の問題ですし。
こういう件が、P2Pの発展の妨げにならないことを祈るばかりです・・・

人気ブログ村ランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:気になるニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/11/09(水) 16:15:00|
  2. 時事
  3. | コメント:0
<<なせ、DVD1枚所持が発覚? | ホーム | あ、あびる優!?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。