ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【映画】ボーン・アイデンティティ

99A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

評価 : B+
評論 : 原作がしっかりしているだけあって、単なるアクション映画ではなく、
     複雑に絡み合ったストーリー、展開と目を見張るものがあります。
     主人公、ジェイソン・ボーンを演じるのはご存知マッド・デイモン。
     ヒロイン役には、「ラン・ローラ・ラン」のフランカ・ポテンテと配役
     も見所の一つです。
     それにしても、マッド・デイモンがアクション映画?なんてことを思って
     いたのですが、観てみると、鍛え上げられた肉体、素早いアクション、
     案外はまっていたのもビックリでした。
     内容としては、記憶喪失の男ジェイソン・ボーンが、刺客たちに命を狙わ
     れるのだが、対等それ以上に対応できてしまう。
     自分が一体何者なのか?なぜ自分がこれほどまでに命を狙われるのか?
     それを探していくのだが・・・
                     
人気blogランキング (現在の順位は?) 


スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2005/11/10(木) 13:52:19|
  2. 映画評価
  3. | コメント:0
<<【映画】ボーン・スプレマシー | ホーム | 警察が頼りにならない証拠。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。