ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ノッポさん、歌手デビュー。

ノッポさん 71歳の歌手デビュー
1990年に放送が終了したNHK教育テレビの名物番組「できるかな?」で無口なキャラクター「ノッポさん」として親しまれた高見映(71)が来年1月にCDデビューする。デビュー曲は「グラスホッパー物語」のタイトルで、NHK「みんなのうた」で流されることも決定。“しゃべらないはずのノッポさん”が声どころか、歌まで披露する。愛きょうあるキャラクターそのままの、優しい歌声だ。おっとり歌い、低い声色が哀愁あるバラードにマッチしている。
 「とべとべ、はねをひろげ、おおぞらの、むこうへ…」
 バッタのおじさんになりきって、外の世界へ飛び立つ孫バッタたちに勇気を与える姿を歌う。歌詞は高見自身が書き下ろした。作曲はMISIAの「Everything」などで知られる松本俊明氏。編曲は「マツケンサンバ2」を手がけた宮川彬良氏。強力なタッグが71歳の挑戦を後押しした。12月から来年1月まで2カ月間にわたりNHK「みんなのうた」で流れる。CDは、映像を収めたDVDとセットで発売される。児童向け工作番組「できるかな?」では、1967年から24年間にわたりしゃべらないキャラクターとして活躍。冗舌な相方の「ゴン太くん」にトークを任せ、感情表現はタップとパントマイムだけ。身近にあるものを使って黙々と華麗な工作ショーを披露するスタイルで子供たちから絶大な人気を誇った。
 初めて声を披露したのは同番組の最終回。当時は幼稚園、小学校の子供たちの間で話題騒然となった。
 そんな“無口”なはずのノッポさんが歌って踊る。まさに180度のイメチェン。「私もいい年になった。顧みれば、若い頃は冒険心とか、チャレンジ精神からはほど遠い憶病な生き方だった。だからこの私が、いやバッタじいさんが“とべとべ…”と孫たちに語りかける時、それは同時に自身にも語りかけている」。71歳になってもなお子供たちに夢や希望を提供したいという心意気からの歌手デビューだ。

ノッポさんが声をだして喋った時も衝撃でしたが、今度は歌手デビューですか?(^^;)
喋らないのがノッポさんの売りだったのに・・・まさか喋るようになって歌まで歌ってしまうとは・・・本当に、びっくりですね。
ただ、今の子供達ってノッポさんのことを知らないでしょうし、別に何の違和感もなく、ただのおじいさんが歌を歌っているとしか思わないんでしょうね。

それにしても、なぜ今更歌を出すのでしょうかね?
いろんな事をかんがえちゃいますね(^。^;)


人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/11/14(月) 10:50:51|
  2. エンタメ
  3. | コメント:0
<<運転士、即解雇。 | ホーム | Winnyで個人情報流出公判、注意義務違反はない?>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。