ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

馬鹿な校長。

校長が児童の答案を改ざん
広島県三次市の市立小中学校で4月に行われた学力到達度テストで、小学校の校長が児童の解答を勝手に正解に書き換え答案を改ざんしていたことが7日、分かった。校長は市教委に対し「子どもが自信をなくしてはいけないと思ってやった」と話しているという。
市教委によると、テストは4月20日に市内の小中学校計41校で実施。校長は児童11人分の解答計35カ所について、間違っていた答えを正解に書き換え、平均点を2、3点上げていた。
6月に市教委へ匿名の電話があり発覚。テスト結果の平均点は、学校別に市の広報紙で公表されたが、市教委は元通りに修正して集計した。
政森進教育次長は「考えられない行為で、申し訳ない。今後きちんと指導していきたい」と話している。
こういう人間が校長とは・・・全く、世も末ですね。
こういう行為が、逆に児童の自信をなくしやる気をそぐことになるって、どうして解らないのでしょうか?
そもそも、単にテストの平均を上げて評価を上げたかっただけなのでしょうが・・・
こういう教育者のもと教育を受けている現代の子供達、いったいどんな大人になるのでしょうか?
馬鹿な親、馬鹿な先生、今日の社会人のモラルの低下を助長している一つの要因と言っても過言ではないでしょうね・・・

人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/12/09(金) 09:21:18|
  2. 時事
  3. | コメント:0
<<「隣の窓口でお願いします。」強盗残念!! | ホーム | コスプレで下半身露出オトコ。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。