ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【映画】ハウルの動く城

120A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

評価 : A-
評論 : あまり周りでの評判が良くないので、全然期待せずに観たのが良かったからか、
     楽しく鑑賞できました。
     主人公ソフィーの声優が倍賞千恵子ということが、けっこう批判されているよう
     ですが、個人的には問題ありませんでした。
     ていうか、主要キャラの声優人が全て俳優っていうのには、ちょっとがっかりし
     ましたが、それはそれで、独特の世界観を作り出していましたし、良かったので
     はないでしょうか?
     ただ、ストーリーがイマイチでしたね・・・
     数々の点が、物語のラストで線になっていく様が、映画として一番の見所にも関
     わらず、この物語ではラストが弱いせいか、難解なせいか、非常に解りづらく、
     ゆえに、物語り全体が酷くぼやけてしまった感があります。
     尺の問題もあるのでしょうが、もう少し、解り易く丁寧にラストを描いて欲しか
     ったです。ラストさえしっかりしていれば、もっと面白くなるのではないでしょ
     うか?
     内容としては、戦争中のある国で、女の心臓を取るという魔法使いハウルと、出
     会った19歳の少女ソフィーが荒地の魔女の呪いにより90歳のおばあさんに変
     えられてしまう。その呪いをとく為に、ハウルの動く城に旅立つソフィー・・・
     個人的に、マルクル演じる、神木君の「わしは、芋は嫌いじゃ」とおじいさん風
     に言うシーンが大好きです(汗)

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


人気blogランキング (現在の順位は?) 


スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/12/20(火) 12:15:34|
  2. 映画評価
  3. | コメント:0
<<よりにもよってテレ朝・・・ | ホーム | 渡部&里佳子ついに破局。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。