ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新仮面ライダーは・・・

今度の仮面ライダーは“カブトムシ”
人気ヒーロー・仮面ライダーの生誕35周年を飾るテレビ朝日の新シリーズ「仮面ライダーカブト」(29日スタート、日曜前8・00)の制作発表が16日、都内のホテルで行われた。
 ゲームやアニメなどで人気の「甲虫王者ムシキング」の影響もあり、カブトは文字通りカブトムシをモチーフに、赤を基調としたデザイン。地球外生物ワームとの激闘を軸に描かれる。
 節目とあって1号から響鬼まで、テレビで主役を張った歴代ライダー17人が集結し、“新人”を祝福。カブトに変身する主人公・天道総司に抜てきされた水嶋ヒロ(21)は「カブトを超える作品はもうできないと言われるよう、全身全霊を傾けて取り組みたい」と意気込みを語った。

新仮面ライダーを初めて見たとき、思わず、ストロンガーじゃんって画面に突っ込んでしまいました(^^;)
新しい仮面ライダーの内容としては、
7年前。
東京に落下した巨大隕石は、渋谷の街を粉砕し、巨大なクレーターと化さしめた。だが、宇宙からの落し物は、隕石にとどまらなかったのである。
それ以来、不思議な連続殺人事件が頻発するようになった。人類は未知の恐怖にさらされていた。
一連の事件を捜査し、解決すべく組織された秘密組織が《ZECT》である。
ZECTは、事件が地球外生物《ワーム》の仕業であることを突き止めた。ZECTは戦闘部隊《ゼクトルーパー》を組織してワームに立ち向かった。だがゼクトルーパーの重装備をもってしても、その本性をあらわにしたワームには太刀打ちできなかった。
そしてワームに対抗しうる戦闘力として、ZECTが開発したのが《マスクドライダーシステム》。
マスクドライダーこそ、人類最後の希望であった…。

(仮面ライダーカブト抜粋)
といったものらしいです。
最近、当初の仮面ライダーと路線がずれてきましたよね(^^;)

それにしても、久しぶりに今回の「仮面ライダー響鬼」をずっと観てきたのですが、なかなか面白かったです。
それだけに、この「仮面ライダーカブト」もちょっとだけ観てみようかなぁ~なんて思います。

人気blogランキング (現在の順位は?)



スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/01/17(火) 09:02:42|
  2. エンタメ
  3. | コメント:1
<<フィギュア買ってもらえずに27歳放火!! | ホーム | 出る杭は打たれる・・・>>

コメント

ほんとだ

ストロンガーですなw
  1. 2006/01/17(火) 14:31:20 |
  2. URL |
  3. ごぼう #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。