ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

支持します。

<米国産牛肉>中川農相 危険部位混入で輸入を全面的に停止
農林水産省は20日、輸入された米国産牛肉に脊(せき)柱(背骨)が混入していたことが分かったと発表した。成田空港での検査で見つかったという。一まとまりで輸入された41箱のうち3箱(計55キロ)から見つかった。昨年12月に再開された米国産牛肉の輸入では、脊柱など特定危険部位の除去が義務づけられていた。これを受けて中川昭一農相は、米政府から原因について報告があり、安全が確認されるまで、米国産牛肉の輸入を全面的に停止することを決め、小泉純一郎首相に報告した。2年ぶりに再開された米国産牛肉の輸入は、わずか1カ月余りで再びストップする事態になった。
 昨年12月の日米間の合意では、輸入できるのは、牛海綿状脳症(BSE)の病原体が蓄積しやすい特定危険部位を除去した生後20カ月以下の牛肉に限られていた。日本向けに輸出する米国の食肉処理施設は、米農務省から認定を受けていた。しかし、今回の事例では条件を順守する米側の仕組みが機能しなかったことになる。
 中川農相は20日夕に記者会見し「極めて遺憾。輸入プロセスの重大な違反だ。米国に厳重に申し入れたい」と述べた。この後、小泉首相に電話で「国民の食に対する安心を確保することが大事だ」と全面輸入停止を報告した。
 米国産牛肉の輸入再開に対しては、消費者に根強い反対論があった。しかし、輸入条件が守られれば米国産と日本産のリスクの差は非常に小さいとした食品安全委員会の答申を根拠に、農水省と厚生労働省は輸入再開に踏み切った。条件の順守を確保するため、両省は12月に米国へ査察官を派遣。米国のシステムにほとんど問題はなかったとしていた。
 食品安全委員会の答申では、重大な違反があった場合は再び輸入停止すべきだと指摘していた。

もとより、問題の解決していない、安全も確保されていないアメリカ牛の輸入をすること自体に問題があったと思います。
しかしながら、アメリカとの関係の手前、輸入しないわけにもいかないし・・・
ただ、今回の件において、輸入を停止する大義がたった訳で。この対応で良かったのではないのでしょうか?
それにしても、全頭検査の拒否、今回の特定危険部位の違反・・・アメリカになめられっぱなしですよね(^^;
大義もたったことですし、ここら辺で確固たる態度をとる必要がありますね。


人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/01/20(金) 23:18:56|
  2. グルメ
  3. | コメント:0
<<いざ、ファミリーコンサートへ。 | ホーム | かをり嬢、トリノ五輪総合キャスターに。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。