ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「ちょっと待って、神様」トリオ。

朝ドラ「視聴率低迷」「マンネリ打破」の策とは
朝ドラの視聴率(関東地区、ビデオリサーチ調べ、以下同)は、16年度前期の「天花」以来、3作品が期間平均で16-17%。放送中の「風のハルカ」も今年1月の平均は16.7%にとどまる。
 低迷の大きな要因は「マンネリ化」。NHK広報局は「オーディションで選ぶ主役が10代後半と若くなり、ドラマも現代のストーリーになりがちだった」としている。
 通算74作目の「純情…」は昭和初-前期の愛知県岡崎市が主な舞台。戦時下にジャズピアニストの夢を追う主人公・桜子をあおいが演じる。
 すでに海外の映画祭で主演女優賞を受賞するなど華々しい経歴を持ち、昨年は主演作「NANA」が大ヒットしたあおい。スクリーンでの活躍が目立つが、実は以前からNHKドラマで天才ぶりを発揮していた。
 その作品は、一昨年の夜の連続ドラマ「ちょっと待って、神様」。交通事故で死亡した主婦=泉ピン子(58)=の幽霊が肉体に乗り移った女子高生という「超難役」を見事に演じていたのだ。
 体はあおい、心はピン子という設定は、それこそ「ちょっと待って」と突っ込みたくなるが、あおいはピン子の手のしぐさや走り方を盗み見て研究を重ね、「おばさん」になりきったという。
 「純情…」は、そのあおい、チーフプロデューサーの銭谷雅義氏、脚本家の浅野妙子氏という「ちょっと…」トリオが再集結。脚本を読んだ銭谷氏が「あおいちゃんしかいない」と判断したもの。キャストも、寺島しのぶ(33)、井川遙(29)の「主役級」2人が桜子の姉として脇を固め、盤石の態勢だ。
 ロケは昨年11月に岡崎市でスタート。今月6日には「江戸東京たてもの園」(小金井市)で、昭和13年夏の東京の路地裏を舞台としたシーンの撮影が行われた。あおいは冷たい風にも負けず、半袖シャツにげたばきで、共演の村田雄浩(45)、福士誠治(22)らと息の合った芝居を見せた。
 撮影は8月まで続くが、あおいは「スタミナ維持のため、水を毎日1.5リットル飲むようにしてます」と意欲的。期間平均で52.6%の驚異的視聴率をマークした約四半世紀前の朝ドラ「おしん」でヒロインの母親を演じたピン子がまた乗り移らなくても-ヒットは期待できる!?
オーディションありきの朝ドラだと個人的には思うのですが・・・(^^;)
ただ、記事中にある「ちょっと待って、神様」観てましたが、なかなか面白かったです。
宮崎あおいも泉ピン子になりきっていたと思いますし、そのスタッフが次回朝ドラを製作するというのであれば、期待できるかな?なんて(^^;)

現在、放送中の「風のハルカ」については、週末にBSでまとめて放送しているのを見ているのですが、なかなか面白いと思います。でも、ドラマの背景といい、台詞やら考え方が、現代風なので、やはり受け入れられにくいんでしょうか・・・

いずれにしても、次回の話の前に、現在の朝ドラをきちんと放送しあげてくれることを望むばかりです(^^;)


人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/02/07(火) 17:38:53|
  2. エンタメ
  3. | コメント:0
<<「竹島問題」韓国大学生5人がバイクで大長征。 | ホーム | ということは・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。