ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

【映画】レイダース 失われたアーク(聖櫃)

A+  面白い
A     ↑
A-
B+
B    普通
B-
C+
C     ↓
C-  つまらない

評価 : A
評論 : この映画も大好きな映画の中の一本です。何度も観ています(汗)
     ご存知、インディー・ジョーンズシリーズ1作目ですが、他のインディー・ジョーンズシリー
     ズと比べても抜けているような気がします。
     お馴染みのスピルバーグ&ジョージ・ルーカス作品で、もちろん音楽はジョン・ウィリアムズ。
     しかも主演のハリソン・フォードは、インディ役にぴったりはまっています。ていうか、イン
     ディは彼を置いて他にはいないですよね。
     考古学者であるインディが数々の冒険を経て秘宝を手に入れるという今では、お馴染みのストー
     リーなんですが、当時は、すごく斬新かつ面白く感じました。
     ちなみに、この映画のお宝はタイトルにもなっている、聖櫃(アーク)こと契約の箱です。
     この箱は、旧約聖書に何度も登場するものなのですが、現在は、どこにあるのか全く解っていま
     せん。架空のお宝ではなく、そういった、若干リアリティのあるお宝に焦点をあて、仮説をたて
     てストーリを展開させていく・・・これがたまんないんですよね(汗)
     TVでも何度も放映されていますし、ほとんどの方が一度はご覧になったことがあると思います。
     もしも観ていない方がいましたら、必見ですので是非、一度ご覧になって下さい。
     ストーリは、第二次世界大戦勃発前、ナチスドイツは、旧約聖書に登場する聖櫃(アーク)を探索。
     目的は、その偉大な力を兵器として利用するためだった。アメリカは、その道で名高いインディ・
     ジョーンズにナチスよりも先に聖櫃(アーク)を発見するように依頼する・・・

※ その他、映画感想については、映画評価目次をご覧ください。


人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

  1. 2006/02/22(水) 14:04:31|
  2. 映画評価
  3. | コメント:0
<<トリノ五輪について・・・ | ホーム | 【映画】男たちの挽歌>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。