ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

新説!!ネッシーの正体は・・・・

ネッシーの正体は水泳中の象 英科学者が新説
この度、英国の研究者がネス湖湖畔で目撃の続くネッシーの正体を、水泳中の象であると発表し、話題を呼んでいるとのこと。英グラスゴー大学、ハンテリアン・ミュージアム古生物学キュレーターを務めるネイル・クラーク博士は、二年間に及ぶネッシー研究の末、ネッシーの正体はサーカスに出演する象であると結論した。ネイル氏によれば、ネス湖畔に近いインヴァネスの町には、1930年代以降、しばしサーカス団が訪れ、サーカスがオフの日には動物たちをネス湖に放って休息を与えていたことなどが明らかになったという。
そしてクラーク氏によれば、しばしネッシーと言われる写真に写される海獣の姿は、象が湖面から身体の一部分を浮き出した姿に良く似ていることを指摘している。
ネッシーの目撃談は古く、6世紀にまで遡る。その後も目撃は絶えるなく続き、1934年、湖面に首を出すネッシーの姿が撮影されると、ネッシー実在の決定的証拠として喧伝され、世界に一大センセーションを巻き起こしたのである。
クラーク博士によれば、これまでに為された多くのネッシー目撃は、流木か波で説明が出来るという。しかし同時に、1930年代からネス湖周辺にはサーカス団が頻繁に訪れた事実があるため、水泳中の象がネッシーの正体たり得た可能性もまた極めて高いと、博士は推測している。
「サーカス団がインヴァネスを訪れた際には、ネス湖畔に動物達を放って、そこで休息を与えていたんです。ネス湖畔の人々がそうした動物を目撃した可能性は極めて高いと思います。象がネス湖に入ると、象の鼻と、それぞれ背中と頭のコブ二つが水面からのぞくわけです。」(写真はネッシーを撮影したものと言われる典型的なもの)
「たしかに最近の目撃については、象だけで説明されるものではないと思います。また最後にサーカスが同地域を訪れたのはいつなのかは分かりませんが、1933年以降にも来ていたものと思われます。」
またクラーク博士は、ネッシーの実在を巡って問われると「何かが、ネス湖にいると信じています」と答えている。今後クラーク博士の見解は、今月の地質学研究誌に掲載される予定であるとのこと。
なるほど、こうやって図解されると納得できますね。
ただ、こういう恐竜伝説は世界中あちこちにある訳で、ネス湖以外はどうやって説明するんでしょうか?
まぁ、ほとんどが見間違いだとは思うのですが・・・
個人的に、恐竜が生きていて欲しいという希望と、そう思うことにロマンを感じる部分もあるんですよね。
いずれにしても、論理的な新説ですよね。

こうなれば、川口探検隊、もとい藤岡探検隊に調査に行ってもらいましょうw
きっと、何かしら手がかりはGETできる筈ですwww

人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/03/08(水) 13:46:30|
  2. びっくりニュース
  3. | コメント:2
<<加害者は・・・ | ホーム | 木村一八、銃刀法違反で逮捕!>>

コメント

ぜひ藤岡隊長を

こんにちは。

なるほど、確かにそう言われればそう見えますね。
しかし今まで誰も思い付かなかったのかなあ、とも思いましたw

あ、そうそう
藤岡隊長には、ぜひ水中調査をやってほしいですw

いや、私マジでこういうU.M.A.関係の番組大好きなんですよ^^;

ただテレ朝のは、いつも見たあと欲求不満になってしまうのですが(爆
  1. 2006/03/09(木) 11:46:40 |
  2. URL |
  3. ごぼう #mQop/nM.
  4. [ 編集 ]

ごぼうさん

ごぼうさん、こんにちは。
>いや、私マジでこういうU.M.A.関係の番組大好きなんですよ^^;
マジですか?実はわたしも(^^;)
思わぬ共通点ですねw

ゆえに、今回の象の説、記事にしてみました(^^;)

>ただテレ朝のは、いつも見たあと欲求不満になってしまうのですが(爆
解る気が・・・
結局、この手の番組っていつも中途半端なんですよね(^^;)
  1. 2006/03/10(金) 16:26:35 |
  2. URL |
  3. hasway #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。