ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

精神こそ・・・

<国別対抗野球>「野球人生最高の日」…イチローが世界一
「野球人生最高の日」。イチロー外野手(32)=マリナーズ=が、ついに世界一に上り詰めた。精密機械のような打撃を見せるクールな天才打者としてではなく、感情がほとばしる人間・イチローとして、日本代表をけん引した。優勝の瞬間、右手を突き上げてから、ゆっくりとマウンドへ駆け寄り、全員と固く抱き合った。最後は日の丸を手に、はしゃぐ姿も見せた。
 キューバとの決勝戦。1点差に迫られた後の九回、二塁から本塁に突入する場面で、右から回り込んで、左手でホームベースを掃こうとしたが届かず、最後は地面をはいながら、右手でホームに触れた。泥にまみれ、貴重な1点をもたらした。 日韓対決で2連敗を喫すると、静まり返るダッグアウトで、一人、ほえた。米国の敗退で救われ、準決勝で韓国に雪辱を果たした。イチローは「最高に気持ちいい」と、チームの勝利をストレート過ぎるほどに喜んだ。
 00年10月13日、神戸のファン一人一人と握手を交わして日本球界に別れを告げた。米大リーグでは全米と日本の期待を一身に背負う重圧と闘いながら、シーズン最多の262安打という金字塔を打ち立てた。しかし、イチローも人間。異国の地で、高みに到達した者にしか分からない孤独と向き合うことになった。
 それがWBCでは、個人記録は度外視し、優勝を目指して仲間と一緒に悔しがり、笑うことができた。イチローが少年に戻れる場。それがWBCだったのかもしれない。
 「このチームのまま、メジャーでやりたい。今日で別れなくてはいけないさみしさが、喜びとともに沸いている」。試合後はメジャー流のシャンパンファイト。クラブハウスで自然に輪の中心になったイチローは、うれしそうにシャンパンにまみれた。
個人的に、野球は甲子園くらいしか観ないのですが、今回の準決勝と決勝戦はテレビ観戦してしまいました(^^;)
きっかけは、先の誤審騒動からだったのですが、やはりスポーツの国際試合というのは面白いですね。国と国とが自分の国こそが強いと主張する喧嘩。だからこそ、面白いし、真剣に応援してしまうんでしょうね。

それにしても、まさか優勝とは・・・
力や横暴、権力よりも、技や努力、そして精神こそがスポーツにおいて重要であるということを再認識させられたような大会だったと思います。

人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:WBC 王Japan、世界一おめでとう! - ジャンル:ニュース

  1. 2006/03/22(水) 09:43:49|
  2. その他スポーツ
  3. | コメント:2
<<【映画】キングアーサー | ホーム | 【映画】スーパーサイズ・ミー>>

コメント

いや~

エエ試合やった!

せやけど、米国は翌朝ニュースでこのこと(日本が優勝したこと)を一切報道しなかったらしいね。
WBC自体なかったことにしたいんやろか?
図体ばっかデカくて中身はちっさいなぁ、アメ公(呆)
素直に讃えたらエエやんなぁ。
負けを認めてこそ強くなるんやで!
(あ゛、柄にもなくクサいこと言うてもーた(^^;)

キューバはその点普通に報道してたみたいやね。
K国は問題外・・・┐(´-`)┌
  1. 2006/03/22(水) 12:39:46 |
  2. URL |
  3. nagomi #oslzmmPo
  4. [ 編集 ]

nagomiさん

nagomiさん、どうも。
本当に、米はジャイアニズムそのものですね(^^;)
ルールにしても、審判にしても組み合わせにしても・・・
結局は、それでも負けてしまったので・・・┐('д')┌

それにしても、今回注目すべきは、イチローではないでしょうか?
あんなに果敢に韓国を挑発して、面白かったですw
  1. 2006/03/22(水) 17:41:30 |
  2. URL |
  3. hasway #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。