ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

冤罪は後を絶たない・・・

痴漢誤認で賠償請求棄却 東京地裁八王子支部
1999年にJR中央線の電車内で携帯電話の通話をやめるよう女性に注意したところ、痴漢だと言われ不当に逮捕、拘置されたとして、東京都国立市の当時会社員の沖田光男さん(63)が国と都、女性に慰謝料など約1100万円を求めた訴訟の判決で、東京地裁八王子支部(松丸伸一郎裁判長)は10日、請求をいずれも棄却した。
 沖田さんは21日間拘置された後、不起訴処分(嫌疑不十分)となっていた。
実際のところは、解りませんが、もしも痴漢行為をしていないにも関わらず、注意された仕返しに虚偽の証言をしていたとしたら・・・恐ろしいですね・・・

この女子大生、携帯電話で話すのを止めるように注意された後、国立駅で下車して警察官に「痴漢です」と申告したらしいですが、もしも、痴漢行為をされているのならば、その場で痴漢であることをなぜ訴えなかったんでしょうか?
もしも、痴漢であることを指摘すれば周りの人間に助けてもらえると思いますし、痴漢行為を受けずにすむのではないでしょうか?
まぁ、女性だから怖かったという理由はあるかもしれませんが・・・
でも、普通に考えると、携帯電話を注意された際、「痴漢です」と言ったところで、逆恨みだと思われるでしょうし、わざわざ下車後、訴えているところを見ると、仕返しなのかな?という気もします。

また、
「女性の証言は具体的で信用性が高く、原告が痴漢行為に及んだと認定できる」
という判決も・・・
痴漢行為を具体的に説明したら信用して貰えるんでしょうかね?
同考えても、注意した逆恨みの方が信用性が高いような気がするのですが・・・

こういう事が容認されると、冤罪は後を絶たないのではないかと・・・

人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/04/10(月) 15:26:37|
  2. 時事
  3. | コメント:2
<<逆に問題。 | ホーム | アメリカこそテロ国家。>>

コメント

結論はこういうこと?

結論はこういうこと?
痴漢でっち上げ女「稲川みゆき」は職業も人に言えないような仕事をしているのに松丸伸一郎裁判長は一方的にこの女の証言を信用している。
この裁判長自体オウム事件で無実の河野さんを陥れたのに、未だ裁判官をしているのが不思議というか怒りを覚える。
立川に住んでいる稲川みゆきと知り合いなのか?彼らの写真や情報が有ったら誰か教えて。
  1. 2006/05/20(土) 01:39:18 |
  2. URL |
  3. 傍観者 #-
  4. [ 編集 ]

傍観者さん

傍観者さん、こんにちは。
どういう判断の元に棄却したのか私はしりません(^^;)
ちなみに、写真や情報もナッシング!
  1. 2006/05/22(月) 16:08:23 |
  2. URL |
  3. hasway #qbIq4rIg
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。