ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外交特権で韓国大使館員を逮捕できず・・・

韓国大使館員が飲酒ひき逃げ…外交特権で逮捕できず
韓国大使館の1等書記官が、運転中に原付バイクをはね、そのまま逃走していたことが分かりました。この1等書記官には外交特権があり、逮捕はされていません。

 事故を起こしたのは、東京・港区にある韓国大使館の1等書記官です。13日午後10時ごろ、港区内で、渋滞のために停止していた原付バイクを車ではね、そのまま逃走しました。原付バイクを運転していた男性会社員(34)は、首をねんざするなど全治1週間のけがをしました。1等書記官は、事故後、しばらくしてから、現場近くを再び通りかかったため、警視庁がパトカーで追跡し、酒臭かったので検査をしようとしました。しかし、外交特権を理由に拒否し、免許証の提示も拒んだため、そのまま自宅に戻されました。事故について、本人は「バイクにぶつかった認識はなかった。事故の前に酒を飲んではおらず、事故の後に飲んだ」と話しています。
外交特権
外交特権(がいこうとっけん)とは、当地に駐在している外国公館や外交官及び国際機関などに対して与える特権。公館の不可侵や不逮捕特権などがある。これらの特権は外交関係に関するウィーン条約に基づいている。また、特権を受けるためには、接受国(の外務省)による認証(接受)を必要とし(外交旅券を所持しているだけでは足りない)、非行や犯罪関与など、相応しからざる行為があった場合は理由を示さずに取消すこともできる(しかしそれ以上の制裁を加えることはできない)。
外交官に対する特権に関しては、駐在武官や外交官の家族も含まれるが、公館勤務の事務・技術職員や現地採用職員などは含まれない場合がある。(Wikipedia)

まったく、こんな事を平気でやって特権を悪用するような国、外交する必要なんてないのでは?
まぁ、韓国では全然当たり前のことなのかもしれませんが・・・
奴らに関わると本当に、ろくな事はありませんね┐(´-`)┌

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。
スポンサーサイト

テーマ:中朝韓ニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/16(金) 15:27:53|
  2. 中朝韓
  3. | コメント:0
<<命の価値・・・ | ホーム | 笑っちゃいます♪>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。