ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

命の価値・・・

山口県光市母子殺人事件、ほとんどの皆さんがご存知だと思います。
そして、本日、間もなく最高裁の判決がでます。
高裁までは無期懲役ということでしたが、誰がどう考えても極刑が妥当だと思うのではないでしょうか?

弁護士の主張
主婦に対する殺害・強姦(屍姦)について
  「強姦目的じゃなく、優しくしてもらいたいという甘えの気持ちで抱きついた」
  「叫び声を上げられたので、思わず口を塞いだら勢い余って首を絞めてしまった」
  「犯行後、正常な判断が出来ない状態に陥って、性的行為に及んでしまった」
赤ん坊の殺害について
  「(夕夏ちゃんを殺そうとしたのではなく)泣き止ますために首に蝶々結びしただけ」


無期判決後、被告が友人に出した手紙
無期判決に関して
  「勝った!って言うべきか 負けたと言うべきか?何か心に残るこのモヤ付き…。
   いやねつい相手のこと考えてしまってね…昔から傷を付けては逃げ勝っている…」
殺された母子の遺族本村洋さんに関して
  「ま,しゃーないですわ今更。被害者さんのことですやろ?
   知ってま。ありゃーちょうしづいているとボクもね,思うとりました。でも,記事にして,ちーとでも
   気分が晴れてくれるんなら好きにしてやりたいし」
  「知ある者,表に出すぎる者は嫌われる。本村さんは出過ぎてしまった。私よりかしこい。
   だが,もう勝った。終始笑うは悪なのが今の世だ。ヤクザはツラで逃げ,馬鹿(ジャンキー)は
   精神病で逃げ,私は環境のせいにして逃げるのだよ,アケチ君」
自分の犯行に関して「犬がある日かわいい犬と出会った。…『そのままやっちゃった』,…これは罪でしょうか」
  「俺はもう一度、外に出て芽を出すのだ」


まったく、反省していないこの馬鹿少年を許す訳にはいかないと思いますし、この馬鹿弁護士・・・
適切な判決を望むばかりです。

それにしても、自分の快楽の為だけに、2人の尊い命を奪っておいて、自分は死を免れる・・・
それが許されている社会・・・命の価値って一体・・・

現在の順位、他のエンタメ関係ブログはこちら
↓ ↓ ↓ ↓ 
人気ブログランキングクリックしてね。
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2006/06/20(火) 14:55:54|
  2. 時事
  3. | コメント:0
<<命の価値・・・無期懲役を破棄・差し戻し・・・ | ホーム | 外交特権で韓国大使館員を逮捕できず・・・>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。