ハサウェイのやんごとなき・・・

「ハサウェイの徒然なるままに・・・」 第2章。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

俊輔、セルティックで初ゴール!!

代表戦へ弾み!俊輔 今季初ゴール
65
俊輔、待望のスコットランド初ゴールだ!セルティックは28日、アウエーでダンファームリンと対戦し、4―0で快勝。先発した日本代表MF中村俊輔(27)は2―0で迎えた後半13分、前線に飛び出して左からのクロスを左足で合わせ、移籍4試合目にして今季初ゴールを挙げた。中村は30日にも帰国する予定。9月7日のホンジュラス戦に向けて弾みのつく一発となった。がむしゃらに走った。左サイドのズラフスキが突破すると信じて、中村は全速力でゴール前に向かった。イメージ通りのグラウンダーのクロスが来た。落ち着いていた。的確に左足に当てて流し込み、飛行機のように広げた握り拳を何度も上下に動かした。怒りに火がついていた。後半5分だった。ライン際の攻防で相手の手が顔に当たって、一触即発となった。詰め寄ってきたキャンベルの手をありったけの力で振り払った。怒りの形相。熱くなった体が、その後のゴールを生み出した。チームの非常事態に奮起した。トンプソン、レノンが出場停止で、中盤の構成はダイヤモンドから台形に変更。左MFに入った中村はボールにもっと触れるために途中から右にポジションを移して攻撃を組み立てた。前半30分、左クロスを合わせた強烈な左足シュートはGKの正面。ゴールの機運は高まっていた。屈辱の「オールド・ファーム・ダービー」から1週間。レンジャーズ戦では得点に絡めないまま、後半9分に交代を告げられた。翌日のサン紙は「回転寿司よりも早く消えた」と批判的だった。そのうっ憤を晴らすためにも練習に集中した。「ボールが重い」。スコットランドリーグの重いボールに適応するためには、徹底的に蹴り込むしかなかった。居残りの毎日。FKでは蹴り方は変えていないが、ボールに足を当てるポイントをずらした。ストラカン監督も「自分を喜ばせてほしい」と中村の左足にすべてを託していた。意地でも決めるしかなかった。打ち込んだからこそ、正確なシュートがある。
 「点を取れたのはよかった。パスもよかったし(シュートは)簡単だった。長い距離を走り込んだのもよかったと思う」
 修羅場の経験がスコットランドでも生かされている。中盤の形、フォーメーションが変わっても動じることはなかった。雨でピッチも滑りやすい。イタリアでも日本代表でも経験してきたこと。試合の中で修正できる。指揮官の指示もあったが、臨機応変にポジションを左から右に変えたことで中村にボールが収まって攻撃にリズムが出た。初のフル出場も果たし、収穫の90分だった。次はホンジュラス戦。自信を手に中村は日本に戻ってくる。

いやぁ~、俊輔初ゴール万歳ですねぇ~。
ほとんど、アシストの点でしたが、ゴール前に走りこんで来た様は素晴らしかったです。試合にかける意気込みを感じました。
あとは、FKでの得点ですね。
FKをけっこう外しているだけに、そろそろ決めとかないと!
できれば、4点中の1点ではなくて、1点差の試合の決勝点だったら良かったのですが(汗)

ただ、ゴールして喜んでいる俊輔に誰も寄って行かなかったのがちょっと気になります・・・
俊輔、自分からチームメートのところに行ってたし(笑)

人気blogランキング (現在の順位は?)
スポンサーサイト

テーマ:旬のニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2005/08/29(月) 10:27:08|
  2. サッカー
  3. | コメント:0
<<きっかけは、同窓会・・・ | ホーム | ガンダム占い集。>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

ブログ内検索

RSSフィード

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。